出会い系アプリユーザーによるリアルな体験談!当サイトに投稿いただいた男女のリアルなネットでのエロい出会いを定期配信!

みんなのリアル!マッチング「出会い系アプリ」体験談

みんなの出会い系体験談

当サイトでは皆様から寄せられた出会い系、マッチングアプリの体験談をリアルに紹介しています。男女問わず、出会い系での成功体験や失敗体験、エッチな体験まで・・実際にあったネットでの出会い体験をぜひお楽しみください。

出会い系体験

新橋の相席居酒屋で、アラサーOLが年下のエリート会社員をつかまえた話

投稿日:5月 9, 2020 更新日:

投稿者:女性

年齢:35歳

利用ツール:相席屋

こんにちは。結論から言うと、私は新橋の相席居酒屋で年下のエリート彼氏を見つけました。どうしてそんな事が起こったのか、順に書いていきますね。

まずご紹介させてもらいますね。私は蓮実という名前の、しがないパートの女性です。

いくつかというと32歳。まあ、とってもとっても悩むお年頃。結婚したい、子供もほしい。でもまだ遊んでいたい気もするし。

仲間は半数くらいはもうお母さんになっています。でも聞いていると子育ては大変そう。育児と仕事を掛け持ちしている友達なんかは、本当に鬼のように忙しそう。帰宅してもごはん作りや子供のお風呂で、時間が全くなさそうです。日中は子供を保育園に送りつけて、それから仕事へ。何だかとっても余裕がなさそうな暮らしです。

友達の苦労をいつも聞いていたので、私はそこまで結婚したい、子供がほしいとは思えませんでした・・・。育児と仕事を両立して、しかも旦那の世話をするとか、そんな自信がいまいちなかったのですよね。それよりは、彼氏くらい作って、結婚はわからないけど、今のまままったり暮らしたいとも思いました。私には、デザインという趣味もあったので、それをしながらのんびり暮らしたいとも、思ったのです。

「蓮実、今度相席居酒屋行かない」

そう声をかけてきたのは、派手なミチル。恰好もメークも派手で、男好きな性格のミチルでした。ミチルには常に男がいたので、私は問い返しました。

「ミチル、彼氏いるんじゃないの。そんな所行ってどうするのよ」

「実はこないだ別れてさー男と。まあ、ホストだったし? もう金つぎこむの疲れたから」

「けど相席居酒屋って、ミチルの好きそうな派手な男はいないよ、たぶん。来てるのはサラリーマンだと思うよ」

ミチルの顔がかがやきます。

「んー。だからいんじゃん。やっぱ、男は会社員が一番よ。安定企業のサラリーマンんとこに、デキ婚で安定就職ー」

「ホストみたいな顔の男も、バーテンみたいな面白い話する男もいないよ、きっと」

「んでもいいのよー。いこ、いこ。蓮実もそろそろ男つくろうよー」

男好きな悪友と相席屋へ・・

ミチルの強引な誘いで、週末には新橋の相席居酒屋にむかう事になってしまいました。

ちっともその気がなかった私は、まずそういった相席やにどういった服装で向かうのか、悩みました。私は、ふだんはラフな格好しかしません。でも、相席やだから。やっぱり、ワンピースかしら。私は、女の子らしそうなピンクのワンピースを新調しました。

ワンピだけ新調しても、仕方ないので、肩にはおる軽めのボレロや、はてはきらきらとラメのついたパンプスも新調しました。これぞ、婚活ファッション。普段はそんな装いをする事すらないので、あまり気は進みませんでしたが、私も女の子。ワンピを着てボレロをふんわりかけ、きらきらのパンプスに足をとおすと、なんだかこれから御殿にいくお姫様みたいな気になってきました。

「いいじゃん、その恰好。しとやかそうで。男落ちるよー。」

待ち合わせ場所にきたミチルは、私のスタイルをほめてくれました。そうなのだろうか。男を落とすような難しい真似はできないと思うけど、ほめられて悪い気はしません。

「ミチルも、似合ってるよ。ネイルもお洒落だし、リップもお洒落よ」

ミチルは、胸の大きくあいたきらきらとしたブルーの短いドレス調のスカートでした。ザ、キャバ嬢だと思いましたが、そこは言わない事にしました。でも、挑発的なミチルにはそういった格好がまた似合っていたので、よいのでしょう。

私たちは、新橋の相席やにたどりつきました。相席やは、それ程混んでいませんでした。というか、人がいない・・・。

相席やの片隅に座り、私たちはカクテルと酒を注文しました。私はピーチのカクテル、ミチルは焼酎です。こんなところで焼酎をがぶがぶ行ってしまうミチルが、頼もしくもありました。

「こんばー」

エリート系サラリーマンと相席した結果

しばらくすると、店に会社員らしい男性二人組が入ってきました。いかにも都内のエリートサラリーマンという感じで、若さみなぎる男たちという雰囲気です。うーん。スーツもあっていて、悪くない感じ。どこかアツい男という感じもして、悪くはないかも。彼らは、さっさと私たちの前に座りました。さすが、積極的。

「あたし、ミチルでーす。仕事は、いちお、アパレルでーす」

ミチルは積極的です。

「私は、蓮実っていいます。仕事は、倉庫でパートです」

私は、どうしても声が小さくなってしまいます。アパレル関係にいて派手で積極的なミチルと比較すると、自分がただの地味なおばさんみたいな気がしてしまうのです。

「ええー。面白い組み合わせだね、お姉さんたち。派手なお姉さんと、おとなしいお姉さんなんだ」

「そうねー。でも、蓮実いい子だし、あたしは親友だよ」

「俺らは、〇〇会社の営業部の、尊と大和だよ。よろしく」

彼らは名刺を出してきました。〇〇会社、営業マン。なかなか大きい会社の営業マン。ふうん。きっと良い男なんでしょう。でも、ふだんが地味な私は、どうしてもこの男たちの良い男オーラに、負けてしまいそうになります。私なんか、相手にしてくれるのかしら。

黙っている私をよそに、あけっぴろげなミチルはがんがん話をしています。人なつこくて、誰とでもしゃべれてしまうミチル。すぐに男に好かれるミチル。彼女が。うらめしい。

「蓮実ちゃん、ここ出たらさ、二人でお茶しない」

大和と名乗ったサラリーマンのほうが、私に耳打ちしてきました。お茶、かー。

「いいですよ」

私も、乗る事にしました。やがて尊さんとがんがんトークしているへべれけなミチルを尊さんにまかし、私と大和さんは店を出てぶらつきました。

「蓮実ちゃんて、おとなしいよね」

「ええ。ミチルはおしゃべりだけどね」

「僕は、おとなしい子って好きだけどね。優しい感じだし」

「そうなんですか。ミチルのほうが面白いですよ」

「面白いより、優しい子が好きだな。彼氏いなければ、俺どう」

あまりに急展開だったので、私は混乱しました。あまりにも早い。相席や、ばかにできない・・・。でも、

「はい」

私は、大和と付き合う事にしました。

大和は年下で、エリート会社員です。頼もしいし、面白いので、今のところ好きです。相席やは、その時の運もあるけど、行ってみて損ないですよ。

-出会い系体験

Copyright© みんなのリアル!マッチング「出会い系アプリ」体験談 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.